ハイビーム・ドライバーの謎

夜間、運転をしていると対向車や後続車が“ハイビーム”をしてくることが多くなったように感じます。“ハイビーム”とはご存じのように、ヘッドライトをアッパーにすることで夜間の視界を良くするための機能で、運転者にとっては良いのですが、対向車や前を走っている車のドライバーにとってはとても眩しく“眼球を圧される”ような感覚を受けるものです。

このハイビーム。以前は今問題視されている“あおり運転”の車などが、そこどけ!とばかりに後ろに付かれてパチパチされたり、対向車の迷惑を意に関しないような無神経なドライバーの専売特許だと思っていたのですが、最近では若い運転者も少なくないようで、先日まで日本のドライバーのマナーも地に堕ちたものだと思っていました。

街中で見た意外な電光表示版

そんな時、歳末の集まりを終えて車で帰宅する時ですが、一般道に設置されている電光表示板を見て驚きました。そこには「ハイビームを活用」と表示されたあと「安全に運転しましょう」と続いて表示され、それが何度も繰り返されていました。瞬間、このところハイビームのままの走行が増えたので注意しましょうという意味かと思いましたが、これはどうみても“ハイビームで走ることで、安全に運転しましょう”とハイビーム走行を推奨しているとしか見えません。

そこで皆さんにお伺いします。「あなたは夜間、どのような状況でハイビームを活用しますか?」

ハイビームは緊急措置という認識から、ハイビームで走行しないと“交通違反”って?

私たちが免許を取った時、或いは私たち世代は、例えば対向車に何か意図を伝える時に緊急的にハイビームを使うという認識だったと思います。要は“ハイビームは受ける側には迷惑になるから、必要最低限で利用する”という認識です。また運転の際はロービームで見える範囲での運転が可能な速度にすべきで、高速道路では前後に車がなければ許されると考えられていたように思います。

しかし、現在の道路運送車両法によると「夜間(つまり暗くなってから明るくなるまで)に走行する場合、歩行者や対向車がいるときと、車両の後ろを走るとき以外、ハイビームにしなければ“違反”となる」のだそうです。つまり、そもそも“走行中”はハイビームが原則。ロービームはなんのためにあるかといえばそれは“すれ違い用”。そしてそれに違反すると、反則金6,000円(普通車)か、7,000円(中大型車)となり、それを支払わないと50,000円の罰金となるのだそうです。

いつの間にか変わる“法律”。でも現実的なもの?

そういえば、やはり同じような法律の改正で話題になったのは、高速道路上の“追い越し車線”の問題です。高速道路では皆が左車線を走ることが前提で、右側の追い越し車線は追い越すときの数十秒しか走行してはいけないのだそうで、ある時急にそんな話が飛び交い、全国でこの違反での摘発が続いたそうです。

追い越し車線の認識というのは、私の世代では“遅く走るのは左側。それ以上は追い越し車線”というものでしたが、この方法ですと、交通違反の取り締まりはしやすくなりますが、現実に例えば首都高でこのルールを当てはめると、おそらくは渋滞は今の数倍にもなるでしょう。

そこで、この“ハイビーム運転”も、実際にやってみると、とんでもなく危険で、境目が不透明なことが分かります。とにかく対向車や前方車両があったり歩行者がいたりするたびに、ビームを下げたり上げたりなどとなると、些末な作業に気を取られ危険この上ないように思えます。また対向車両といっても、また歩行者と言っても、どこまでの範囲なのかが不明確で、やはり危険なことに変わりありません。

事故の99%がロービームとは言うけれど

CMでは(私は見たことがないですが)「交通事故の99%がロービームの時に事故が起きている」からハイビームにしましょうと言っているようなのですが、私の印象ではそもそも国民の99%以上が、常にロービームで走っているのであれば、そうなるのは当然だと思いますから、この言い方は屁理屈ではと感じてしまいます。よしんば事故の原因が99%がロービームであるためのものなのだとしたら、それはロービームすべてを禁止しなければならないでしょう。

私はこの法律を知りませんでしたので、これまでロービームを使ってきましたし、その視界で運転可能な速度を守ってきました。だから“ハイビームを使わなければ違反だ”と言われることには抵抗と疑問があります。しかし法律で決まっているのであればそれに従うのが社会のルールです。しかしこの間までの私と同じように、“ハイビームで走るのは失礼な奴”と解する人は少なくないでしょう。もっと多くの人に強く、広く周知活動をすることは不可欠ではないかと思います。