【民駐 akippaトピックス】akippa「定期利用サービス」

ウェブサイト「PRTIMES」にakippaの「定期利用サービス」が開始した記事が掲載されました。
これについて“ちょっと何言ってるのか分かんない”という、サンドイッチマン的突っ込みが多く寄せられましたので、できるだけ分かり易く解説いたします。

題して「akippaの「定期利用サービス」ってなに?―そのまんまですが御容赦を)」

まずPRTIMESに掲載された記事をご紹介します(以下、原文)

先行リクエストは24時間で1000件以上!akippaの「定期利用サービス」、本日正式にサービス開始!

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は、現在先行リクエスト受付中の「定期利用サービス」について、6月20日(木)、正式にサービスを開始いたしました。
リクエストいただいたユーザーに対し、順次、マッチングする駐車場情報をオファーしていきます。

akippa「定期利用サービス」

■「定期利用サービス」とは

ユーザーのリクエストにあった駐車場をakippaが探し、マッチングが成立すれば1ヶ月〜の中長期で毎日利用できるサービスです。5月23日に先行リクエスト受付を開始し、24時間で1000件以上のリクエストが集まるなど、好評いただいています。
URL:https://www.akippa.com/regular/request

2019年5月23日のプレスリリース▼
日本初!駐車場シェアリングのakippaが定期利用サービスを開始!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000187.000016205.html

■「定期利用サービス」の3つの特徴

・空いているスペースを活用するため安い!
・ユーザーは希望条件をリクエストするだけ!
・個人宅やマンション駐車場など、あらゆる種類の使っていない駐車場の活用が可能に!

■解決する社会課題

・路上駐車、迷惑駐車の削減
・駐車場を探すことにより発生する交通渋滞の解消
先行リクエスト受付期間中、一部エリアにおいて、試験的にマッチング・オファーを行ってきました。】(以下省略、本文以上)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000191.000016205.html

これまでのakippaと何が違うのか

akippa「定期利用サービス」

ご存知のように、akippaは簡単にいうと「個人宅の車庫や空き地、或いは事業所の休日などの駐車場スペースや、空いている商業施設、未契約の月極駐車場などを、1日単位(15分単位の設定もあります)で、専用サイトから予約して、安く利用できる駐車場シェアリングサービス(民駐)」です。

ご利用には事前の登録が必要ですが、それが済んだらakippa専用サイトにアクセスし、希望の地域を検索、一番安い、或いは有利な場所を選択して、予約。あとは慌てることなく、現地で探し回ることなく、周辺地の20%~30%くらい安い価格で利用できるという、知っている人は圧倒的に便利な環境で利用している今、注目の駐車場シェアリングサービスです。

で、今回そんなakippaが導入した「定期利用サービス」は、これまでとどう違うのかということですが、例えば自宅から自動車で駅まで行ってakippaの駐車場で安く利用しようとしても、これまで予約は最大30日(14日の場合もあります)が予約の範囲ですから、続けて予約を取るにはマメに更新する必要がありました。
もちろん先のものについては別の人が予約してしまう事もあり、よくあるのは仕事で使う車両の駐車場所の確保のように、直接業務に関わるなどの場合、安心して計画が立てられない場合があります。

「定期利用サービス」では、ユーザーが希望する場所、期間、金額などのリクエストを受け付け、それにマッチングする物件をakippaが探す仕組みです。通勤や通学、業務などのニーズに応じて「平日プラン」や「毎日プラン」が準備されています。

もちろん、ほんとうに必要な場所というのは競争もあるので、なかなか思い通りの場所が提供されない場合もあります。“画期的な仕組み”ではないかも知れませんが、もしうまくマッチングできれば、格段の利便性の向上を図る事ができます。特に、業務での効果は高いものですので、我と思う方は是非ともご活用されては?

駐車場を提供するオーナー側としてももちろん安定収入が望めますので今後に期待サービスです。