不労所得としての民駐 akippaの収支報告の一例

akippaには、様々なご質問が寄せられますが、誰もが最も聞きたいのに、あまり面と向かって聞かれないご質問がこの”収支”のことです。要するに”どれくらい利益がでるのか”。シェアリング社会の実現とは、新しい社会資本の供出、共同利用なのですが、視点を変えて煎じ詰めれば「企業、個人に関係なく利益をあげることのできる仕組み」に辿り着く事ができます。

そこで、実際にご提供されたケースを例に、akippaの収支報告をご紹介します。対象は無作為に選定するために、現在(2018年9月23日)より、6カ月前、4月1日移行に登録された方にお電話でその後の状況をお伺いしました。そのケースを順に3件ご紹介します。

ケース1.京都市内 個人運営のコインパーキング

場所

申し分ない東山区内。町家が立ち並ぶ一角。5台のスペースで大手のコインパーキング業者で運営。奥まった場所で、且つよくある”満”のサイネージが設置できないので、手前4台に駐車すると、一番奥のスペースが見え難く、また少し通りが狭くなっているので認識されない。稼働率は極端に悪い。

対応

ロック式なので、一番奥を作動できないようにして、akippaに登録。人気の観光エリアなので、掲載直後から予約でほぼ埋まる状態。1日料金1,400円ですが、時間貸しが1時間320円。ほぼ12時間くらいの稼働で、1日3,840円見当。平均して2,700円で初月の売上げが75,600円。手取りが37,800円となっています。その後、もう1箇所の空き地に、3スペースにakippaを導入。認知が広がる事で、ここに車を置いて京都を巡る方が増えたので現在の手取りは、全4スペースで100,000円を裕に越えているそうです。

満足度

akippaの報酬は銀行振込なので、かなり儲かった感があるよう。コインパーキングとしても、収益額から見て、現在の大手業者のものと大きな開きはない。akippaの価格設定は、周辺よりずいぶん安いので、御礼のありがとうメッセージも多く、文句のつけようがない。

ケース2.東京都郊外都市 自宅の駐車所

場所

西東京地区。2本の電鉄会社が交わった駅から徒歩10分ほどの住宅街の真ん中。辺りは住宅と北500メートルほどのところに学校がある。自宅の道路側に3台の駐車スペースを持っているが、娘さんが昨年嫁いでから1台分が余ることになり、akippaにご登録

対応

3台分が並行しているスペース。道路からも見えやすい。向かって右側を登録するので、看板などの設置も不要。現状維持のまま掲載開始。1日800円設定。周辺の1日最大料金が1200円~1800円なので少し安いと思ったが、そのままスタート。最初の1カ月は認識が浸透しておらず、1カ月で利用が4件のみ。売上げ3,200円で手取りが1,600円。2カ月目に同じ方から連続して5日間の予約が入る。駅前の月極駐車場が18,000円、コインパーキングの1日最大が1,200円~なので、代替需要となっている。時々の「特別料金設定日」には自動的に、800円が3,400円に跳ね上がるが、これは何かのイベントが定期的にあるようで、この設定日は価格が上がっているにも関わらず、ほぼ100%の予約受注率。6か月後の今月は売上げが31,000円で収益は15,500円。

満足度

もちろん大満足で、収入増の分は食費や遊興費になっている。現在の収入なら課税対象にもならないので、かなり得をしていますとのこと

ケース3.滋賀県 内科クリニック

場所

市内、駅前にも近い住宅街の路面クリニック。駐車スペース8台。木、土(午後)、日祝が休みなので、以前は駐車場にロープで柵をしていた。以前は時々、土日に車を置かせてほしいという電話が入っていて、了解すると御礼にと5,000円くらいを置いていかれたので、その手の需要があるのかと思いご登録される。

対応

木、土曜午後、日祝を時間指定で掲載。1日料金が680円。月に13~14日の運営。駅前需要は近くに商業施設があって効果が少なく、翌月から料金を490円に落とすが、あまり効果がない。目下、私立付属学校のPTA需要がある。通常学園側は、車での来園を禁止しているようだが、このクリニックで止めて行くよう。その日は特別料金3,880円の設定をしても、ほとんどが予約で埋まる。その日は外車が並ぶ。行事の日程によって月別に山谷があるようだが、手取りは50,000円前後。

満足度

大きいのは収益だけでなく、止めてもらっている方の口コミや本人のご利用で、来院者数が伸びたこと。また客層のグレードも上がったように感じる事。
※但し、8月は学校行事がほとんどなかったので、特別料金設定日がなかったため、手取り額は6,240円だったそうです。

 

以上、akippaの例を3件をご紹介しましたが、全体から見るとこれは成功と言えるものだと思います。場所にもよることを最初にお話ししましたが、報酬額が6,000円~7,000円やそれ以下という例もあります。

ただ、ご自分の持たれていて使っていないスペースを、必要とする人に提供することで、無駄を無くした社会を創ろうと考えるシェアリング社会を考えれば、その額と社会的意義の双方を手に入れることができるのですから、これは価値あることではないかと思います。